難セクションを攻略せよ!
関東屈指のハードエンデューロレースを
群馬県藤岡市で開催!

2018 Special Round 開催概要詳細

会場までの道のりについて
  • 開催概要にも記載されていますが県道175号線より会場となる日野カントリーオフロードランドまでの道は非常に狭くなっています。
  • 対向車には十分気を付けて頂き、できるだけ地元の人らしき車は優先という事でお願いします。
  • また土曜の夕方は16:00~18:00まで交通規制をします。
  • 車で移動する方はスタッフの指示に従うようお願いします。
駐車場スペースついて
  • 会場内は観戦される方専用の駐車場は設けておりませんが空いているスペースへ詰めて駐車されるようお願いします。
  • 駐車場は参戦されるライダーが優先となっていますので、後から来場されたライダーが駐車場を探していましたら出来るだけ場所を譲ってあげてください。
  • 少し離れてしまいますが、スタッフ用の駐車場も少し余裕がありますのでそちらもお使いください。
  • 詳しくは現地のスタッフまで。
バイク移動について
  • 日曜のハードクラス、G-NETクラスのみになりますが規制された一定区間での移動にバイクの使用が可能です。
  • 競技車両との誤認を防ぐためゼッケンが付いている車両は数字を剥がすか目隠しをお願いします。
  • ダートフリークヒル出口の林道~ベータマウンテン山頂まで可能としますが(詳しくは後日発表するコース図にてご確認ください)必ず指定された場所に駐輪するようお願いします。
  • 白線にて指示いたしますので現地にてご確認ください。(緊急車両が通過できるようご協力よろしくお願いします)
  • この移動には条件があり必ずオフロード用ブーツ、ヘルメット装着でお願いします。 未装着での移動は一切認めません。
  • 場所によってはワダチや滑る箇所がありますのでスクーターでの移動は困難な場所もあります。
  • また移動路にはレースコースの一部を並走、逆相、横断する箇所があります。
  • 必ずキープレフトでスピードは20キロ以下、コース横断は一時停止にて走行をお願いします。
  • 二人乗りでの移動は禁止です。
  • 参戦していない人もバイク移動可能ですが事故等による責任は自己負担になり、大会側に責任は及ばない事を了承したうえでバイク移動を可能とします。
  • このバイク移動はマナーとモラルを守る事で可能になっています。
  • 次回もこの移動が可能になるようご協力お願いいたします。
競技者に対するヘルプについて
  • ミディアムクラスは基本的にヘルプOKですが、レース結果にあまりにも著しく反映されるようなヘルプはご遠慮ください。(ある一定の友人のみ毎周助けるなど)
  • ハードクラス、G-NETクラスにおいては基本的にヘルプNGですが、車両の通行を著しく妨げる、危険が及ぶ、怪我などのリスク、がある場合は除きます。
  • ライダー同士のヘルプはOKです。
  • ヘルプをする場合は走行している競技車両の通行が優先です。
  • ご自分の身はご自身にて守るようお願いします。
  • 危険と判断された場合はスタッフが注意します(場合によっては怒鳴られます)ので速やかにヘルプを中断して安全な場所に避難してください。
参加車両について
  • オフロードが走れる整備された2輪バイクであればタイヤを含め特に規制はありません。
  • 近隣に一般住宅がありますので今後のレース継続の為にも迷惑にならないよう、充分に整備されたサイレンサー、車両にてご参加ください。
  • 余りにも目に余る(この場合耳にあまる?)音量の場合は参加を辞退して頂く場合がありますのでご了承ください。
  • スパイクタイヤでの参加は危険なのでご遠慮ください。
ライセンスについて
  • このレースはMFJの承認レースです。
  • MFJライセンスを取得していない方の場合、レース開始日までに何らかのMFJライセンスを取得して頂くようお願いします。エンジョイライセンスなら3,350円にて取得可能です。レース日までに余裕をもって申請取得してください。
  • レース当日にライセンスの提示(仮ライセンス含む)ができない場合はレースに参加できない場合があります。必ず提示でするようお願いします。
競技について
  • レースは各クラスの規定時間にて行われます。
  • ミディアムクラス  150分+30分
  • ハードクラス、G-NETクラス 180分+30分
  • ゼッケン順にて10台づつ1列に並び前からスタート(G-NETクラスからスタート)
  • 競技時間+計測時間30分をオーバーした人はレースを速やかに中断してショートカットをしてゴール地点を通過してください。
  • ゴール地点では途中で辞めた選手もゼッケンナンバーのチェックをします。1列に並んで必ずチェックを受けてください。
  • 一定時間経過してもチェックの無い場合、場内アナウンスやレースコースを捜索する場合があります。この手間を省いてスムーズに大会が終了するようご協力お願いします。
  • ゴールまでのコースが分からない場合はライダーだけでもレースコース内で待機してスタッフの指示を待ってください。
  • マシントラブルで動けなくなった場合は他の競技者の通行に支障のない場所までマシンを移動してスタッフの指示に従ってください。
  • ハードクラスとG-NETクラスは混走になりますが、別クラスになりますので各分岐にて表示してある標識に従いご自身の参加しているクラスの方へお進みください。
  • これに違反した場合は1周減算のペナルティーとなります。
※G-NETクラスのみゴール方法が違います。 通常のゴール地点はチェックポイントとなります。
ゴールを希望するライダーはチェックポイントにてゴールする旨をチェックポイントのスタッフに伝え最終セクションにお進みください。 最後に登頂した場所がゴール地点となり完走扱いとなります。
チェックポイント通過だけでもリザルトに反映されますが、完走扱いとはならないのでご注意ください。(通常のG-NETポイントは与えられます)
2周目3周目に突入する場合はそのままチェックポイントを通過して第1セクションへお進みください。
詳しくは当日のミーティングにてご説明します。

その他ご不明な点はホームページお問い合わせ欄よりご連絡ください。

HINO HARD ENDURO 大会実行委員 栗田 武
Enduro Planning
〒183-0034 東京都府中市住吉町1-80-1 リーベスト府中207号室
電話&FAX 042-306-7382